エクセルの行と列の縦横の関係をうっかり思い出せない時の対処法

年取ったのかな(汗)

エクセルを使ってる方は多いと思いますが、ひょんな時に行と列の縦横関係を、うっかりド忘れする時ってありませんか?

え・・ない・・?
若いですねー、羨ましい!!

エクセルに限らずHTMLでテーブル組むときも、

『「行」って縦だったかな、横だったっけな?』

ということがあるんですよ。

これではイカンと、年齢のせいにして何もしないのは愚の骨頂だということで、対策を講じる事にしました。
うっかり忘れた時の参考にしてもらえると嬉しいです、同志の皆さま。

エクセルの「行」が横で「列」が縦

これが結論です。
調べれば簡単に疑問は解消しますね。

図示しますのでイメージをインプットしちゃいましょう。

エクセル 行と列

イメージ以外での覚え方

漢字やカタカナから覚え方をマスターする方法があります。

【漢字】

行 ⇒ 右側の作りの「二」を切り取って「横」と覚える
列 ⇒ 右側の作りの「リ」と似た部分で「縦」と覚える

【カタカナ】

ギョウ ⇒ 「キ」や「ョ」など横棒が多いので「横」と覚える
レツ ⇒ 「レ」の縦棒部分や「ツ」の点々から「縦」と覚える

 

かなり強引な覚え方である事は認めます(汗)

うっかり忘れるよりマシですよね・・。

エクセルの行と列を英語で表す

英語の方がしっくりくる可能性が高いです。

行 ⇒ line(ライン)
列 ⇒ column(カラム)

ウェブサイトのレイアウトでは「2カラム」「3カラム」なんて言いますよね。
あれは縦割りの数を表しているので、列の意味になります。

ラインはSNSのことではなく「水平線」と訳しておきます。
もうすっかり「水平線」としての認識が無くなってきてますよね、ラインという言葉は。

すごいなSNS。

行と列に絡むショートカット:おまけ

この記事のテーマと直接関係は無いのですけど、関連して覚えてて損はないショートカットを紹介しておきます。

データ量が多くなって、1000行近くい場所にあるデータや最下段のデータに辿り着きたい時、マウスホイールでクルクルとめくったり、スクロールバーでスーーーーーっと下段に向うという手段を取ると思います。

良いショートカットがありまっせ。

【最終列に飛ぶ】

Ctrl + PgDn (コントロールキーとページダウンキーの同時押し)

【最終行に飛ぶ】

Ctrl + End (コントロールキーとエンドキーの同時押し)

どちらも戻る時は、それぞれ Ctrl + PgUp 、Ctrl + Home になります。
お試しください。

まとめ

まとめなくてもいいんですけど、もう一度、書いておきますね。

エクセルでは「行」が横で「列」が縦

これで覚えておきましょう。

Twitterで知り合いにお伝え下さい(^-^)
error: 右クリックはコピーガードのため禁止しています !!