言語バーアイコンがタスクバーから消えた時に表示する方法【Windows10】 | 福岡覧斗ブログ

言語バーアイコンがタスクバーから消えた時に表示する方法【Windows10】

言語バーがタスクバーから消えたので、解決方法を検索して試してみましたが、3台のパソコンのうち1台で効果がありません。
たぶんアプリの干渉か、関連するソフトウェアにエラーがあるんだと思いますが、それはまた別の機会に調査します。

 

ぶっちゃけ言語バーの表示は無くても困らないのですが、辞書ツールへの登録が、タスクバーから出来ないので難儀します(汗)

辞書ツールへの単語登録の頻度は、一般ユーザーなら高くないですが、ライターをやっていると同じ語句やフレーズを繰り返し入力する機会も多くなるので、そういう時は単語登録が便利です。
業務効率化の手段のひとつですね。

 

ということで言語バーアイコンがタクスバーから消えた原因はわかりませんが、再表示するための方法を備忘録として書いておきます。

ちなみに言語バーが、タスクバーに固定表示されるとき、この2種類になります。

言語バー または 言語バーアイコン

フロート表示、つまりタスクバーに固定表示されていないときは、デスクトップのどこでも表示できるスタイルがこちら。

言語バー フロート表示

Windows10をベースに説明します。

 

言語バーをタスクバーに固定表示する方法

  1. [スタートメニュー] > [設定] をクリック
    Windows10 設定
  2. [デバイス] をクリック
    Windows10 設定 デバイス
  3. [入力] > [キーボードの詳細設定] をクリック
    Windows10 設定 デバイス 入力 キーボードの詳細設定
  4. [使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する] をチェック
    キーボードの詳細設定 使用可能な場合にデクストップ言語バーを使用する
  5. [言語バーのオプション]をクリック
    言語バーのオプション
  6. [言語バー] の項目の中から [タスクバーに固定する] を選択
    テキスト サービスと入力言語

以上で、言語バーをタスクバーに固定表示する方法になります。
フロート表示したい時は [デスクトップ上でフロート表示する] を選択するだけです。

 

辞書ツールでの単語の登録方法

単語の登録画面を開くには言語バーからだと2通りあります。

ツールアイコンから単語の登録画面を開く

  1. ツールアイコン(道具箱のような絵)をクリック
    言語はー ツールアイコン
  2. [単語の登録] をクリック
    単語の登録

黒い逆三角マーク(▼)から単語の登録画面を開く

  1. 言語バーの [▼] をクリック
    言語バー 黒逆三角
  2. [単語の登録] をクリック
    単語の登録

以上です。

単語の登録に関しては別の機会に説明します。

 

言語バーを表示できない時の単語の登録方法

言語バーの表示方法は、この記事だけでなく、たくさんのサイトで説明されています。

しかし私のパソコンのように、表示方法を試してみても、なぜか表示されない場合はどうすれば良いのか?
言語バー表示に置いて、どこかで不具合が発生している(と思われる)時の単語の登録方法を書くことにしました。

  1. [設定] > [時刻と言語] をクリック
    Windows10 設定 時刻と言語
  2. [言語] > [優先する言語] の項目で [日本語] を選択し [オプション] をクリックする
    Windows10 設定 優先する言語
  3. [言語のオプション:日本語] の項目から [Microsoft IME] を選択し [オプション] をクリック
    言語のオプション
  4. [Microsoft IME] の項目から [辞書ツールを開く] をクリック
    Microsoft IME 辞書ツールを開く

これで単語の登録ができるようになります。

言語バーが表示されてないと、ちょっと面倒なことになるのが、わかって頂けたかなと思います。
もし、私のように言語バーの表示の設定をしても、何にも反応が無い場合の応急措置として参考にしてください。

言語バー表示の設定をやっても表示されない原因・・・たぶん追及しないと思います(汗)

良かったらシェアお願いします(^-^)
error: 右クリックはコピーガードのため禁止しています !!