コンタクトフォーム7から画像認証レスのreCAPTCHA V3を導入する手順

WordPressの投稿フォームプラグインの定番と言えば、コンタクトフォーム7(Contact Form 7)と思ってます。

 

実に簡単に実装できますし、かねてより懸念していた、

  1. 問い合わせフォームのないブログからの脱却
  2. 迷惑でうざい投稿を予防したいので「reCAPTCHA V3」導入

この2点について解消しました。

 

お問合せフォームの実装については、ガチで忘れてました(汗)

これで運営と言えたもんやな・・。
反省です。

reCAPTCHA V3 の実装手順

作業手順を解説します。

本来なら「コンタクトフォームとは」という見出しから始めがちですけど、そんなもん、リンクか探し方の紹介でOKでしょ。
公式に勝てる説得力無しですよ。

このブログは、何度もいいますが「~とは」の段落は極力省きます。
うざいでしょ、ド素人の講釈なんて。
私が思いますもん「あーハイハイ。だから結論早く言って。」てね。

時間泥棒の何物でもないです。

コンタクトフォーム7のインストールと有効化

ってことで、コンタクトフォーム7は、WordPressのブラグイン新規追加から

  • 「Contact Form 7」で検索
  • 人気タブから探す

という方法でインストール&有効化してください。

「コンタクトフォーム7とは何ぞや」と興味がある人は、「今すぐインストール」の下にある「詳細情報」をお読みになると良いかと。

contactform7

 

コンタクトフォーム7を有効化した後は、まず、フォームの作成・・・は後回しでもOKです。

有効化したと同時に、ベーシックなやつが生成されてます、勝手に。

Contact Form 7 作成

ということで、reCAPTCHA V3の設定を先に進めます。

reCAPTCHA V3の設定

reCAPTCHAを利用するための設定をします。
前提としてGoogleアカウントが必要ですので、開設してない人は、これを機会に開設しておいてください。

うーん・・ネットに携わる上で、今時、Googleアカウントを所有しないという選択肢はないと思ってますけど、どうですか?
ま、それは置いといて、reCAPTCHA認証 は Google のサービスなのでアカウント必須です。

 

では、設定の手順です。

左メニューの『お問い合わせ』 > 『インテグレーション』 > 『インテグレーションのセットアップ』を選択。

reCAPTCHA インテグレーション

 

すると、「サイトキー」「シークレットキー」を入力する画面になります。

reCAPTCHA インテグレーション

 

WordPressはこのままにしておいて、reCAPTCHA認証に必要な「サイトキー」「シークレットキー」発行のために、Googleアカウントにログインした状態で、Google reCAPTCHA へアクセスします。

Google reCAPTCHA

 

上記リンクから、『新しいサイトを登録する』という画面がでますので、必要事項を埋めていきます。
今回は「reCAPTCHA V3」ですから、そこだけは、お間違いのないように。

「reCAPTCHA V2」については、軽く触れる必要があるので、後ほど。

Google reCAPTCHA

 

以上、間違いなく記入し終えたら、「送信」ボタンを押します。

reCAPTCHA 送信ボタン

 

その直後、「サイトキー」「シークレットキー」が発行されます。
ランダムな英数字です。

reCAPTCHA サイトキーシー クレットキー

 

ここで発行された「サイトキー」「シークレットキー」を、WordPressの「インテグレーションのセットアップ」で展開した入力画面にコピペします。

入力した後は「変更を保存」の押し忘れが無いようにしてください。

インテグレーション 入力

 

これで準備が整ったので、コンタクトフォームのタグを、固定ページに貼り付けましょう。

コンタクトフォーム7の設置

左サイドバーの『コンタトクフォーム』から、『コンタクトフォーム1』の編集を押して展開します。

赤枠で囲ったショートコードを、コピーします。
idの数字は、個々に違いますので、画像と同じ数字でなくてもいいです。

Contact Form 7 ショートコード

 

固定ページにショートコードをペーストします。

Contact Form 7 固定ページ

これで全ての設定は終了です。

reCAPTCHA保護マークの確認

最後に、「reCAPTCHA V3」が作動しているかを確認します。

その方法は、自分のブログを見るだけ。
トップページでも個別ページでも固定ページでも、公開されているページなら、どのページでもOKです。

ページの右下に、reCAPTCHA保護マークが出現していれば、機能がスタートしています。

reCAPTCHA 保護マーク
※ ©2018 Google LLC All rights reserved。reCAPTCHA はGoogle LLCの商標です。

 

このマーク、見かけたことありませんか?

私も、いろんなブログで見かけていて、特にページの上部へ一気にスクロールするタイプの「戻るボタン」とですね、稀にカブッたりしてるブログもありましてね、イラっとしてました(汗)

そのような経験がありましたので、当ブログでは、ページ上部に戻るボタンと干渉することはありません。

reCAPTCHA V2とV3の違い

V3と言えば仮面ライダーV3(発音は「ブイ スリャー!」)を思い出す世代なんですが、この reCAPTCHA は前述したようにV2もあります。

V2とV3の表面的な違いは、「私はロボットではありません」のチェックが不要になったことです。

reCAPTCHA V2 チェックボックス
※ ©2018 Google LLC All rights reserved。reCAPTCHA はGoogle LLCの登録商標です。

 

または、画像を選択するやつもV2時代のものです。

reCAPTCHA V2 画像選択

※画像は「reCAPTCHA に関するよくある質問 – Google 検索 Community」より引用
https://support.google.com/websearch/thread/2145243?hl=ja

reCAPTCHA V2 はデメリットがある

真面目な人からすると、「ロボットではないことについて同意させるとは何事か」的なね、変な感情が浮かばないこともないわけですよ。

画像の選択なんて、画像自体が不鮮明で「いやこれ、わからんし!」ってなったり、なぜか何度も選択させられることになったりと、それはそれはもう、大変時もありましたよ。

ユーザーに一手間かけさせるのもね、あまり気持ちがいいとは思いません、設置側からすると。

だからV3になって良かったと思います。

 

V3はAIによる機械学習判定。
投稿者が人なのか、ツールなのか、ボットなのか、ページ内の動きから勝手に学んでくれるみたいですから、ちょっと期待しましょ。

コンタクトフォーム7では reCAPTCHA V3 がおすすめ

おすすめも何も、V2で試しにやってみましたら、チェックボックスが上手く表示されませんでした。

理由はですね、至極単純で、Contact Form 7 のバージョンにおいて、5.1以上ならば reCAPTCHA は V3 しか動かないからです。
つまり Contact Form 7 のバージョンの問題ですね。

まあ、とりあえず、最新のバージョンを利用すると良いのではないでしょうか。

以上です。

良かったらシェアお願いします(^-^)
error: 右クリックはコピーガードのため禁止しています !!