商工会議所の会員だったけど退会した理由を述べたい | 福岡覧斗ブログ

商工会議所の会員だったけど退会した理由を述べたい

2019年の4月末、開業初年度である2006年から入会した地元の商工会議所を退会しました。
何か仕事にメリットがあるかもしれないと、深く考えずに入会したわけですが、結果として、イベントへの参加やセミナーなど、1度も参加することはありませんでした。

漠然と期待しての入会はダメですね・・。

店舗を持たないテレワーク中心の個人事業主・フリーランスにとって、商工会議所は場違いだと気付きました、ようやく。
テレワーカーを想定した制度や特典が、商工会議所にはほとんどないですし、これからも蚊帳の外のような気配を感じましたね。

法人には強い味方でしょうけど、超弱小テレワーカーの私にとっては、持て余す存在でした。

商工会議所を退会した理由

理由ですか?
うーん、特に必要性を感じなかったことですね・・・。

もしかすると私が積極的に活用しなかったから、その会員としての価値を知り得なかっただけかもしれませんが、もっとふさわしい場所があったことが大きな理由です。

法人でこそ入会の意義があるのかも

全くの個人的見解です。

商工会議所の役割は、法律上「地域の中小・小規模企業の支援の中核」を担うわけですけど、働き方の多様化、つまりフリーランスや自宅兼事務所の個人事業主向けの支援メニューが少なく感じました。

入会当初から分かっていたことですが、

  • セミナー
  • 融資
  • 共済
  • イベント
  • 交流会

などで、お世話になるかもしれないと継続してきました。

しかし結果としては、1度も絡むことなく(汗)

SNS関連は皆無に近い

商工会議所の方針もあるでしょうから一概には言えないので、あくまでも私見ということで。

セミナーにしろ商談や販促のイベントにしろ、SNS絡みが皆無に近いです(汗)
今を時めく集客ツールとしてSNSを蔑ろにするのは、如何なものかと。

それ以前に「ネットでビジネスを加速させる」という事については、地域性として否定的なのか単に知らないのか、全然、活発じゃないです。

思い出しましたが、入会時の面談で私の仕事を説明したのですが、ものすごく「カラ返事」だったので、

「あ、わかってもらえてないな・・」

と感じました。

あれから月日が流れても、一向に、IT系を含めてネットをメインとしたビジネスは目立ったものがありません。

だから隣の大都市に流れるわなと当然のように思いますよ。
完全に遅れてます。

逆に開拓の余地があるんじゃないかとほくそ笑みましたが、重厚長大な産業がメインですし、ちょっと望みがないかなという感触です。

商店街もシャッター街に近くなってますし、今こそ個人商店がネットに販路を見出すチャンスなのですが、なんだろう、腰が重いのかもしれません。

たまにあるSNS系セミナーや講座の中身

アカウントの取り方、開設の仕方、活用事例の紹介・・・。
ネットで検索すればバンバン情報が得られることなんですけど、そんな内容ですから、察してください・・・。

講師の方は深い話をしたいけど、出来ないというジレンマがありそうです。

相応しい場所とは

クローズドなSNSです。

オンラインサロンじゃありません。
まあ、クローズドなSNSとオンラインサロンの境界線がわかりませんけど、似たようなもんという認識でいます(汗)

個人的には、こういった制度はもっと増えて欲しいですね。

フリーランス協会/個人事業主や副業人材のためのインフラ&コミュニティ

商工会議所の会員だったけど退会した理由を述べたい まとめ

後継者を欲しがってる会社と引き継ぎを希望する法人・個人とのマッチングに、もうちょっとチカラを入れてもいいとは思うんですけど、想像以上に難しいんでしょうね。

関心あるんですけどね・・。

良かったらシェアお願いします(^-^)
error: 右クリックはコピーガードのため禁止しています !!