ゼペット(ZEPETO)というスマホアプリに小6娘がハマりました

先日、小6娘がいきなり見せつけてきたアプリがありました。

それがゼペットというアプリです。

昭和世代がゼペットからイメージするのは、ピノキオのゼペットじいさんです。
あ、東京ディズニーリゾートファンだったらピノキオのアトラクションを思い出すかもしれませんね。

どんなアプリかと言えば、3Dアバターを作るものでした。

しかもポーズやダンスの動き付き。

ゼペットアプリの使い方

簡単に言えば、自分の顔写真を撮影するだけです。
顔認証で自動で3Dアバターが作らますから、めっちゃテクノロジーの進化を感じずにはいられません。

撮影しなくても、既に画像があれば取り込んでもいいですし、写真を使わなくてもOKです。

ともかくスマホに自分の分身を宿したい場合は、インストールしてみていいかも。

たまごっちの感覚

昭和のオッサンからすれば、人型をしたたまごっちの感覚です(笑)

バンダイ たまごっち

顔のパーツをたくさんの種類から選べるので、自分の顔写真が必要なのか疑問は感じますけどね。
だって原型を留めないぐらい、いじくりまわすわけですからね。

福笑い的にパーツを変えまくることが楽しいのかもしれないですね。
理想の自分になれますし。

10代20代の女の子が、もっとも多いユーザー層だと思われますが、男性も楽しめます。

オッサンがやったらキモいけど(汗)

化粧もできる

すごいですよ。

3Dアバターに化粧もできます。
メイクの勉強にいいですよね。

オッサンがゼペットで必死にメイクしてると、忘年会のくだらない余興の練習台にしてるのかと思われたりして。
小梅太夫的なノリでね。

服やインテリアの変更も可能

部屋にクローゼットが置けたり、その中には着替え用の服もあったりと、まるでアメーバピグのスマホ版のような感じですね。
残念ながらPC版アメーバピグはサービス終了しましたけど、余程、パソコンでの利用が良くなかったのか、使い勝手が悪かったのか・・・。

ちなみに服は購入できます。
ゼペット用のコインで運用します。
3,900コインで120円ですから、安いっちゃ安いですけど、120円で終わる人はいないでしょ。

良い子は勝手に課金しちゃダメ。

ゼペットアプリのインストール

オッサンの適当な説明より使って試せ、ということでインストールはコチラから。

‎「ZEPETO」をApp Storeで

ZEPETO – Google Play のアプリ

変なリンクは仕込んでいません。
アップストアとGooglePlayに飛びます。

ゼペットのアプリはどこの会社が運営してるのか

ネイバーの子会社である Snow Corporation でした。
そう、あの写真アプリのSNOWを運営している会社です。

すごいな。

実はLINEを運営してるLINE株式会社とネイバー株式会社(韓国)が、この Snow Corporation に出資していますので、まあ、身元は確かと考えて良さそうです。
ちなみに開発元は Camp Mobile ですが、既に独立しています。

ちなみにLINE株式会社はネイバー株式会社の主要子会社というポジションになります。

日本発のSNSサービスは、GREE、mixiぐらいしか思いつきません・・・。
がんばれニッポン。

ゼペットアプリの問題を口コミから

ゼペットアプリでは「落ちる」とか「開かない」とか、ちょっと問題も散見されます。
利用者としてはイライラしますよね・・。

これはどうしようもない。
改善を待つしかないですね。

極めつけはコチラ。

ゼペットアプリを消すという人まで登場していました(汗)

ゼペットアプリのまとめ

私もやってみよう・・・とは思わないですね(汗)

ゼペットについての情報は全て娘に教えてもらいました。

スマホに自分の分身や理想の姿を宿らせたい時にどうぞ。

Twitterで知り合いにお伝え下さい(^-^)
error: 右クリックはコピーガードのため禁止しています !!